仕事に役立つスキル

社会人として働き始める前までに、取得しておくと便利なのが「資格」だと言われています。なかでも、「語学」と「PC関係」の技能は、今後グロバール化とインターネットの発達によるデータの電子化が進む社会において、身に着けておくべきものでしょう。
まず初めに「語学」ですが、基本的に大学では「英語」と「第2外国語」の単位の履修を求めさせることが多いようです。英語は、必要なスキルのひとつとして挙げられており、就職試験に英語検定○級相当・TOEIC○点相当など、具体的な数値を示しその能力を要求することが多く、ここを強化してくるライバルたちはたくさんいます。
ここで他と差をつけるのが、「第2外国語」の存在です。第2外国語は、進級するために必要な単位や学業の一環として学べるだけでなく、一通りの授業を終えれば日常会話程度であれば簡単に話せる程度にはなります。加えて、学内で検定試験を行っている大学も多いため、比較的簡単に級を取得することが出来ることでしょう。先述した通り、現在急速にグローバル化が進んでいるため、どの企業も語学に精通した若い人材を求めているため、語学は話せれば話せるほど就職に有利になるのです。
次に、「PC関係」の資格です。ITパスポートという基本的なPCの操作やプログラミング等の技能が備わっていることを証明する資格で、現在メディア関係の企業を中心に注目が集まっている資格です。専門的な用語も取り扱っているため、人とは違ったワンランク上のPC技能は、社会に出てからも非常に役に立ちます。学生時代の学びを最大限に生かし、社会人になるための準備をしておきましょう。